【戦後70年】新聞から影を潜めた「本土決戦」 1945年8月12日はこんな日だった

8月12日未明、ポツダム宣言を受け入れる意思を表明した日本に対する、連合国の米英中ソ4国からの回答を、サンフランシスコ放送が流し始めた。 日本政府の関心は1点。連合国側に要請した「国体の護持」、つまり天皇制の維持が認められるかどうかだった。回答は、これに正面から答えたものではなかった。 午後6時24分に外務…