日本人は「努力の消耗戦」によって追い詰められていく

「がんばる」というのは本来主観的なものなのに、なぜか相対的なものとして見られている日本社会。