「一度開発して10年塩漬け」は過去の話に アジャイルを加速させる「超高速開発」 (1/4)

AIや自動化の急速な進展とともに、超高速開発は最適な手法として利用が拡大し、2〜3年後には普及期に入ると予想できます。そのとき、SIerの在り方やSEの仕事はどう変わるのでしょうか?