街中ロストガジェット:「消えた公衆電話」と「残ったもの」

つい20年ほど前までは「あって当たり前」だったものが、徐々に姿を消していく。“跡地”が記憶している風景。