子どもが餓死する南スーダン(アフリカ)と毎年4000万人分を食糧廃棄する日本(アースデイ)

私たちは、一体いつまで「大量生産・大量消費」の生活を続けたいのだろう。 今のままの生活スタイルを世界、特に先進国と呼ばれる国々が続けていけば、22世紀に突入する頃には、世界中の資源が枯渇し、環境は破壊され、豊かだと考えられていたはずの現代社会は、終わりを告げるような気さえする。2015年9月に国連総会で採…