主夫は誰かがつくった料理が食べたい

「何もしなくても料理が出てくる」ということの有難さ