愛用している革靴のご紹介:④三陽山長 友之介

新品で革靴を購入し、痛みに耐えながらも最高のフィット感に到達するまで、何度も足を入れ履き続ける。時にはバンドエイドにお世話になったり、痛みに耐えられずオフィスで靴を脱いで仕事をする。電車で座ることが出来たらまず靴を脱ぐ。 その痛みを乗り越えた先にあるフィット感、革がやさしくもしっかりと自分の足を包む…