ToDoリストには「コンテクスト」の視点を導入するとうまくいく

ToDoリストの優先順位をつけるときには「コンテクスト(文脈)」というメタ視点を持ちましょう。「時間」「重要度」など、ワークスタイルに合わせて軸として保つべきコンテクストについて解説します。