「ダサい」の三重構造。「何者」が面白かった2つの理由(ネタバレあり)

原作「何者」を読んでみた 映画化で話題の「何者」。原作の小説を読んでみました。 就活における「建前の本音の歪み」や「あるあるネタ」が随所に入れ込みながらも、最後には衝撃の真実もあり、非常に読み応えのある作品です。 概要 ・人を分析するのが得意な主人公拓人。 ・ノリと愛嬌で就活を乗り切っている光太郎。 ・…