ナンパ師と出会った話

// とある週末。いつものクラブで一人酒を飲み、適当に近くの外国人や女の子と話しながら流れる音楽に合わせ踊っていた。 残念ながら全く音感のない僕は、ヒットチャートに合わせて不器用に体を動かす。右足を一歩前へ。その隣へ左足を持ってくる。次に右足を後へ、また左足を後ろへ。そんなダサい動きを繰り返し、頭を音…