生産性を高めて無理なく残業を減らそう

 残業時間への規制案が固まった。残業を実質的に青天井で延ばせる現行制度を改め、罰則付きの上限規制を設ける。繁忙月に例外として認める残業は100時間未満とすることで決着した。  制度の見直しを過重労働是正