東大で教授ら2人研究不正 5本に捏造や改ざん

 東京大は1日、分子細胞生物学研究所の渡辺嘉典教授と元助教の2人が国際的な科学誌のサイエンスやネイチャーなどに発表した5本の論文について、データの捏造(ねつぞう)や改ざんなどの不正行為があったと発表し