震災復興の農業事業で談合、5社に課徴金6億円

 東日本大震災で被害を受けた農業用ビニールハウスの復旧工事の入札で談合を繰り返していたとして、公正取引委員会が井関農機などメーカー5社に対し、独占禁止法違反(不当な取引制限)で総額約6億円の課徴金納付