「院政」批判に企業動く 相談役・顧問、総会で見直し

 3月期決算企業の株主総会が本格化し、上場企業のガバナンス(統治)上の課題である相談役・顧問制度を巡る企業の動きが活発になってきた。「役割が不透明」「院政のおそれ」といった投資家の批判を受け、廃止や情