目指せ100杯 「めん都盛岡」、わんこそばに挑戦

「お手元の黒いおわんに私たちお給仕(きゅうじ)が、お味の付いたお一口分ずつのおそばを入れてまいります」うら若い岩手娘のお給仕さんが説明する。「最初の一杯はお味見として、お薬味を付けずそのままお召し上がりください。2杯目以降はお薬味を入れながら、お味を変えてお楽しみください」城下町・盛岡の風情漂う一画…