公園マネジメントの指針、都が10年ぶりに改訂

東京都は、都立公園の整備・管理の基本指針となる「パークマネジメントマスタープラン」を10年ぶりに改定した。東京五輪の開催決定、東日本大震災を契機とする防災強化などを踏まえたもので、公園の多機能化と民間活力導入の推進などを掲げている。3月30日発表した。