辺野古の車いす87歳女性を取り調べ 政党関係者「暴力振るわれた」と主張 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス

 【名護】名護署は21日、5月に米軍キャンプ・シュワブゲート前で、政党関係者に暴力を振るったとする車いすの女性(87)を任意で取り調べた。取り調べ中、名護署前では集まった約150人が「頑張って」「運動を解体しようとするもくろみに屈しない」と声を上げた。