全学ディスプレイシステム「O+PUS(オーパス)」による学内コミュニケーション活性化

大阪大学の教職員、学生のコミュニケーションの活性化とイメージリテラシー教育を目的として大型ディスプレイを学内26カ所に設置。学生間の情報共有をはじめ、学生作成のコンテンツ、大学からの学内情報等の提供を進めています。