#艦これ #陽炎 ポッキーゲーム - 皆月蒼葉の小説 - pixiv

「不知火ー、しーらーぬーいー!」 鎮守府本庁舎の廊下に、間の抜けた声がこだまする。 「おーい、どこ行ったのー! ぬいぬいってばー!」 正直、その呼び名で呼ぶのは勘弁してほしい。小さくため息をつきながら、報告書の作成を中断して立ち上がる。ドアまで歩くと、ガラスに自分の顔が反射してい...