#魔法少女リリカルなのは #フェイト・テスタロッサ 血の音 - 皆月蒼葉の小説 - pixiv

ときどき、不安になる。 私は本当に生きているんだろうか。 何を馬鹿なことを、と人は言うかもしれない。だけど、ときどき不安になる。 浴室に入ると、洗面台に備え付けられた大きな鏡が否が応でも目に入る。そこに映った私。蒼い瞳、白い肌、栗色の髪の毛。左に結んだ髪の束は長く、腰にまで流れる。 ...