穴が開いたくつ下の思い出

お題「くつ下」 こんにちは。たなかあきらです。 「もったいない」 この言葉が、今も強くぼくの耳に残っている。僕自身は、なんでもすぐダメにして、本来なら長く使える事は無かった。 くつ下もそうだった。僕のくつ下へのプレッシャーは強く、負担が大きいのだ。 もし、くつ下が口がきけるのなら、おとぎ話に迷い混んでし…