村上春樹が読みたい

「村上春樹は読んだことがないんだ」 僕がそう言うと、彼女は何を言っているのかわからないという表情を向けた。まるで晩飯はまだかねと尋ねると、さっき食べたじゃあありませんかと言われた痴呆症の老人のように。うん。そう。いい感じだ。良い感じに、村上春樹っぽい。 僕は彼女のリアクション───表情ではなく言葉として…