『ムーミン画集 ふたつの家族』をつらつら眺め、活字を拾って楽しむ

オキザリス 桃の輝き 児童書としてその本のことは知っていながら、 子どもの頃には、なぜか食指が動かなかったのに、 かなりの大人になって、初めて読んで、はまり、 ああ、やはり名作だったんだと感じ入るものが いくつかある。 // スポンサーリンク'); // ]]> // ドリトル先生とか、ナルニア国物語、 メアリー・ポピンズ…