【Life】DREAM IS ALIVE

年頭にこの連載をはじめようと決めたとき、書きたいと思ったのは木村拓哉のことだった。 もちろん以前の新聞連載のように、自由なテーマで月1回、1000字程度の文章だけで表現する訓練をつづけたいという目的があった。 いまの自分に発表する媒体がないためお蔵入りしがちな、マンガやアニメなど、サブカル系レビューやエッ…