【書評】書評家・西野智紀が読む『海岸の女たち』トーヴェ・アルステルダール著、久山葉子訳 異邦の地で闇を暴く

舞台美術家のアリーナ・コーンウェルは、じりじりしていた。彼女のおなかには、夫パトリックとの間に授かった新しい命があり、それを伝えたくて仕方がなかったのだ。ヨーロ…