【舞台の遺伝子】もの言わぬ顔が語る 文楽人形

遊女梅川の美しい顔が悲しみに沈んだように見えた。もの言わぬはずの人形の顔が切実に思いを語る。1月の大阪・国立文楽劇場で上演された近松門左衛門の「冥途の飛脚」。切…