声優してたけど全然売れなかった。苦しいときの先輩の一言が今も支えになっている

私は声優として仕事をしていたことがあります。高校を出て上京し、20代前半まで、あるプロダクションに所属していました。 何も知らない十代の小娘が上京して憧れの声優にはなったものの、実態はバイトで食いつなぐ日々でした。 そんな苦しい精神状態のとき、先輩の声優さんが言ってくれた一言。20年ほど経った今でも心に…