怪談×青春×ファンタジー、かつてない物語。『夜行』森見登美彦 | 小学館

京都で学生時代を共に過ごした仲間の長谷川さんは、皆で訪れた鞍馬の火祭りの中、突然姿を消した。あれから十年。 残された僕ら五人は、再び祭りの日に再会する。空白の十年間にそれぞれ別の場所で出会っていた謎の銅版画「夜行」とは—————。森見登美彦がおくる怪談×青春×ファンタジー、かつてない物語。。