人生のつけが回ってくるとき

ある先生に対して、先生方の不満がたまっている。連日だがある先生の話題だ。教育課程を考えている教務もその先生の態度に精神的にやられてきている。とにかく、「あれはおかしい」「これは廃止した方がいい」「他所からきた私に優しくない制度ばかりだ」と不平不満をぶちまけ、それを聞きたくない気持ちと、どこまでそれ…