【劇症肝炎】8月20日、夕方 ~思いもよらぬ言葉~

撮影&文:高栖匡躬 快方に向かっていたピーチーですが、この日の夕方面会に行くと、担当医から”退院”の可能性を告げられました。 正直いって驚きました。4日前には死の淵にあった子です。別れを覚悟で、ステロイドの大量投与を決断したのは3日前でした。 それが、思ってもみなかった回復――この時の喜びは、今も忘れませ…