手取り16万円のワーキングプアが転職によって現状を好転させるためには?

ワーキングプアという言葉が生まれたのは平成に入ってから。就職氷河期に定職に就くことができず、非正規雇用で働かざるを得なかった若者世代の増加により、低収入層が激増しました。 以降、働いているものの低収入であるために貧乏な暮らしを強いられる「ワーキングプア」という言葉が生まれ、今日まで使われ続けています…