非デザイナーでもできるスライドデザインの工夫

せっかく良い話をしているのに、スライドのデザインにまとまりがないから損をしていることも少なくありません。あえて機能や表現に制限を築いてスライドを作ると見た目が大幅に改善されます。