「毒になるテクノロジー」「ネットバカ」を読んで、インターネットの負の側面を考えた。

インターネットが巷に普及してから、まだ20数年しか経っていないという。本格的に一般で使われだしたのはADSLが出たあたりからなのだろうか。 「夢の詰まった可能性の道具」 そんなイメージをインターネットに抱いていたが、インターネットを使うことの負の側面についてあまり考えたことがなかった。アル中、ニコ中、カフ…