Share the World.

この世界で生まれたものは常に共有され、改良され続けている。全てのものが繋がり、それらを組み合わせ、また新たなものが誕生する。 それは遥か昔から行われていたことであり、特に日本という国ではそれが顕著である。は しかし、情報化が進み、世界のどこにいてもこの世界で起こっていることが可視化されるようになった…