LDLコレステロール値は低すぎても問題

LDLコレステロールは、高すぎると動脈硬化や脳梗塞などの病気の原因となりますが、低すぎても栄養障害、貧血、肝臓の病気などの可能性がでてきます。LDLコレステロールの数値は基準値内であることが理想です。