価値仮説とユーザーヒアリングによるユーザーファーストなものづくり

身の回りで沸き起こる開発に関する議論を、効率よく質の高いものにするために考えたことのメモです。 きっかけ C社やW社、I社の方の開発の進め方に関する話を聞く機会があり、感銘を受けた UIや機能の是非に関する議論は難しく、これまでの開発でうまく進められないことが多々あったため、より良い方法はないかと模索して…