the brilliant greenが世の中から忘れられかけていることが、この国のリスナーの程度を物語っている

うp主は、the brilliant greenが好きだ。 邦楽でCDを買う程なのは彼らぐらいのものである。 (知っている人はわかると思うが、もう「彼ら」ではなくなってしまったのか?) アフタービートのビート感、しっかりとした質感のドラムスとベースから繰り出されるリズム。 特に、佐野康夫さんと組み合わさったときが最高で…