ぎゅっと目を閉じたままの少女

幼いころ母は 星座の説明図のようなものが 空を駆け巡るのを見たり ひとりで留守番しているときに 部屋のすみにうごめく もやもやしたものを見たという。 大人に話をすると 「そういうことは言わない方がいい」 と諭され ぎゅっと目を閉じたまま そのまま大きくなった。 私はどちらかといえば 聴こえるタイプ。 はっきりし…