完璧なる伏線を散りばめた物語

これは明らかに伏線だと わかりやすい作品よりも 何気ない情景描写に 上手に隠れている 微かな示唆があちこちに 散らばっている物語が好き。 読み終えるまで あれが前触れだったのかと 予測できないような。 人生も同様。 自分が書いた台本を読み返すと 実に精巧なトリックが あちこちに仕掛けられていて 我ながら感心する…