「実践編」 その22 (3.05.とまる-3)

さて、前置きから異常に長々と書いてしまいましたが、ようやく本題の「とまる」について見て行きましょう。 「とまる」動作とは、バックサイドエッジ(かかと側)か、フロントサイドエッジ(つま先側)、もしくは両側のエッジを使いながらやって行くわけですが、これまでとは大きく違う点があります。 それは両足をスノーボー…