「少女の記憶」(連作な歌)

今回は、形式を変えて見ました。連作短歌というものです。現代文ですが。ある、少女だったものの記憶。追いかける過去のパネルを心のために追いついた時翼が生える翼生やし少女は夢を描き始める実現せずに消え失せ泣く新しい世界ににて少女は歓喜をあげる分からないのにその場所は暗い世界終わりなき永久の時間光ささない…