関ヶ原の戦いの陣跡に残る「遺構」

関ヶ原古戦場に点在する陣跡碑 慶長五年九月十五日(西暦1600年10月21日)に行われた関ヶ原の戦いの主戦場は、現在の関ケ原町一帯です。 朝から立ち込めていた霧がようやく晴れかけた午前八時、鶴翼の陣で待ち受ける西軍に対し、東軍が攻め込む形で、合戦の火蓋が切って落とされました。 主だった武将が布陣した地点は概ね…