少彦名神(すくなひこなのかみ)のざんねん解説

少彦名神(すくなひこなのかみ) 古事記:少名毘古那神 日本書紀など:須久那美迦微、少彦名、少日子根 オオクニヌシと国作り 「古事記」「日本書紀」よりも 各地の「風土記」や「万葉集」で その活躍が伝えられています。 オホナムチ(オオクニヌシの別名)と共に あちこちを旅します。 スクナヒコナが具合が悪くなった時に…