「検体取り違え」をどう防ぐか~苦悩する医療現場(榎木英介) - Yahoo!ニュース

兵庫県の高砂市民病院で発生した、乳房から採取した組織の取り違え事故は、高砂市が620万円を支払うことで和解した。こうした「検体取り違え」は全国の医療現場で発生しており、現場は苦悩している。