時代の歯車を回したい

20世紀と21世紀の間で自分が思う事です。