「俺にはこれしかない」 ペルー人の魚屋、親方の心継ぐ:朝日新聞デジタル

 南米ペルーから7歳で来日し、中学3年生の時に横浜市磯子区の魚屋で働き始めたフーリオ・セサルさん(33)が今年1月、引退する親方の跡を継いで独り立ちした。昔ながらの街の魚屋さんの雰囲気を大事にしながら…