冨田健太郎 斜めから見た海外出版トピックス 第19回 ふたたび街場の書店を考える- DOTPLACE

某出版社にて、翻訳書編集、法務をへて翻訳権輸出に関わる冨田健太郎が、毎月気になる海外の出版事情を紹介する「斜めから見た海外出版トピックス」。 今回は、第17回でも取り上げた中小書店の実態について、ローカルコミュニティの立場からみたレポートをお届けします。 第19回ふたたび街場の書店を考える ▼…