冨田健太郎 斜めから見た海外出版トピックス 第35回 本は必要不可欠か- DOTPLACE

某出版社にて、翻訳書編集、法務をへて翻訳権輸出に関わる冨田健太郎が、毎月気になる海外の出版事情を紹介する「斜めから見た海外出版トピックス」。今回は、コロナウイルス流行の中で広がった「#BooksAreEssential」運動について。「本は必要不可欠」ということなので、もちろん!と言いたいところですが話はそんなに…