北野文学の金字塔! 宮本輝さんの青春小説「青が散る」

『恋はあまりにも残酷だった。 昭和を代表する青春小説!』神山町のバー「グラナダ」を経営する中野さんに教えていただき、宮本輝さんの小説「青が散る」上下巻を読みました。>中野さんのインタビューはこちら。かつて梅田の喫茶田園で専属デュオとしてラテ