戦争はいつも海の向こうで始まるか - American War by Omar El Akkad

Omar El Akkad - American War 2074年、第2次南北戦争勃発。 本書Amrican Warは、中国とイスラムが2大勢力となった20世紀後半の世界での没落したアメリカを舞台にした小説だ。主人公である6歳の少女サラ・チェスナットは父親を失い、残された家族とともに難民キャンプで育つ。やがて、ある出…